お酒造りの副産物「酒粕」は微生物の集まりです。おいしく食べることで体の中の微生物たちと仲良く働き、私達を元気にしてくれます。小さな小さな生命が私達を支えてくれているのです。体にも心にもやさしい酒粕料理をいろんなアイデアでお試しください。                  
●NHK“ためしてガッテン酒粕特集”でご紹介いただきました。  ためしてガッテンHPはこちら
レシピ作成:寺田聡美
酒粕粉チーズフォンデュ
根菜粕汁酒粕クラムチャウダー味噌粕漬け
酒粕トースト酒粕クラッカー酒粕チャパティー甘酒デザート

酒粕ともちあわのチーズフォンデュ酒粕ナゲット
自然酒酒粕(板粕)は冬季限定商品です。
次回は平成29年(2017年)2〜3月頃予定。
※このページのレシピは自然酒(白米)の酒粕を使ったレシピです。
     ● 発芽玄米酒粕「にぎり酒」を使ったレシピは>>こちらへ
     ● 「醍醐のしずく酒粕」を使ったレシピは>>こちらへ
     ※酒粕酵母パン作りには、酵母が元気な「にぎり酒」
       ・「醍醐のしずく酒粕」がおすすめです。

     ●寺田本家の天然麹を使ったレシピは>>こちらへ
     ※麹(こうじ)と酒粕は全く別のものです。

    ●酒粕の種類・詳細は>>こちらへ
    ●保存方法・賞味期限は>>こちらへ

    ●みなみ屋さんの発酵食レシピは>>こちらへ

トップページへ



 酒粕粉チーズ
「酒粕+油+塩」で不思議とチーズみたいな風味に。ほどよい塩分とコクで、パスタにかけたり、サラダのトッピングにと大活躍です。

白米の酒粕70g、米粉50g〜、なたね油大さじ2、塩小さじ1

1、ボウルに材料をすべて入れ、まんべんなく混ぜ合わせる。
2、1をフードプロセッサーに入れ、粉チーズ状に細かくする。

 ※酒粕の水分が多いときは、米粉で調整してください。
3、オーブンシートを敷いた天板に1、を広げ、140℃のオーブンで、ほんのり黄色になるまで10〜15分焼く。冷めたらできあがり。
 酒粕粉チーズで作る フォンデュ
酒粕粉チーズを溶かして作る酵母鍋。米粉を使っているので、おじやみたいなふるふるの食感に。たくさん食べても、不思議と胃もたれしません。
(2人分)
酒粕粉チーズ50g、水1/2カップ、豆乳1カップ、塩小さじ1/4、こしょう ひとつまみ、
バゲットや蒸し野菜など適量


1、酒粕粉チーズと水を鍋に入れて弱火にかける。とろみがついたら豆乳を加える。
2、塩、こしょうで味を調えたら、バゲットや蒸し野菜などにつけて食べる。
※1の状態で味を調え、マカロニや野菜になどにかけてグラタン風に焼いてもおいしい。
根菜粕汁
粕汁

体が芯からあったまる根菜いっぱいの粕汁です。
大地のエネルギーがいっぱい詰まった根菜。その生命力を丸ごといただくため、皮はむかずに調理しよう。里芋、れんこん、葉菜などもおいしいです。
(4人分)
大根100g、人参80g、油揚げ1/4枚、ごぼう50g、ねぎ15cm、白米の酒粕60g、味噌60〜70g、塩小さじ1/4、油小さじ2、昆布5cm、水4カップ

1、 大根、人参、油揚げは短冊に切り,ごぼうはささがきにする。
2、 鍋に油を熱し、ごぼうをよーく炒め、ごぼうのいい香りがしてきたら大根、人参を加え、塩を入れる。
3、 すり鉢に酒粕を入れ、鍋から煮汁を1/2カップ取り、良くつぶす。途中味噌を入れ,完全に混ぜ合わせておく。
4、 3を2に流しいれ、さっと煮立てて,小口に切ったねぎを散らし、火を止める。
※アルコールの苦手な人は出し汁と同時に酒粕も入れて煮込むといいよ。
酒粕クラムチャウダー
クラムチャウダー
ふわっとしたまろやかなスープ。
ベジタリアンもOK!
(4人分)
大根100g、人参100g、玉ねぎ100g、干ししめじ10g(なければ生50g)、白米の酒粕40g、豆乳(または牛乳)60cc、水800cc、こしょう少々、昆布5cm、油小さじ1、塩小さじ2と1/4

1、 野菜を1cmのさいの目切りにする。
2、 鍋に油を入れ玉ねぎ、大根、人参の順に炒め、水,酒粕,昆布、干ししめじを入れコトコト煮る。
3、 塩こしょうで味をつけ、豆乳を入れ、仕上げる。
味噌粕漬け
味噌粕漬け
日本の醗酵食品がドッキング。コクと甘味のある美味しい保存食。いろんな野菜で試してみよう。繰り返し使った床は炒め物、焼きおにぎりなどに使うといつもと違ったおいしさに。

白米の酒粕500g、味噌500g強、酒+水150cc(半々位で)、野菜適量

・床作り
1、 酒粕を温かいところに置き,やわらかくする。
2、1をすり鉢にあけて酒と水を加えすり合わせる。
3、 2に味噌を加えて混ぜ合わせ,なめらかなペーストにする。
・漬ける
味噌粕床の半量をバットに伸ばし,ガーゼを敷き旬の野菜を並べ,ガーゼをかぶせて残りの味噌粕を平らに伸ばす。
・ごぼう→5cmの拍子切りにしてさっとゆで2〜3日漬ける。
・にんじん→2cm厚の輪切りにし、さっとゆで2〜3日漬ける。
・厚揚げ→さっと熱湯を通し、ザルで水気を取り、1cm厚に切って一晩漬ける。粉をうすくはたいて油で焼く(ムニエル風に)。
・えのき、しめじ→さっと湯がいて半日漬ける。
サケ、ブリ、銀ダラ→そのまま一晩漬ける。粉をはたいて油で焼く(ムニエル風)。

酒粕酵母パン
パン作りは酵母の元気な発芽玄米酒粕「にぎり酒」
または「醍醐のしずく酒粕」でお作りください。
発芽玄米酒粕「にぎり酒」レシピは>>こちら
「醍醐のしずく酒粕」レシピは>>こちらへ
酒粕トースト
トースト
カリカリに焼いて。お酒のお供にぜひぜひ。焦げ目がつくまで焼くのがポイント。酒粕のアルコール分を飛ばすと、不思議とチーズっぽい味になります。

バケット10cm、白米の酒粕大さじ1、オリーブオイル大さじ1、塩適量
こしょう(お好みで)適量
 
※作り方を少し改良いたしました。
1、 小鍋に酒粕とオリーブオイルを入れて火にかけ、弱火で1〜2分練る。
2、 バゲットを切り分け1をまんべんなく塗り、塩・こしょうをふる。
3、 トースターで5分ほど焦げ目がつくまで焼く。
酒粕クラッカー
クラッカー
コリャ驚いた!酒粕ギライも納得のチーズ風クラッカー。お酒のおつまみに最高です。ポロポロに均一に混ぜるのがポイント。焦げやすいから気をつけて。

地粉(国産小麦粉)または薄力粉100g、酒粕20g(粉の2割)、油(なたね、ごまなど)大さじ2、塩小さじ1/2、水大さじ2〜2と1/2

1、 水以外の材料をボールに入れて、手のひらや指先を使ってポロポロのそぼろ状にする。(均一に混ぜる)
2、 1に水大さじ2を入れ練らずにまとめる。様子を見てまとまらなければ水を少しずつ足していく。
3、 粉をはたき、麺棒で2mm厚くらいに伸ばし適当な大きさにに切る。
4、 オーブンシートを敷いた天板に並べてオーブンで170℃10分、160℃10分カリカリになるまで焼く。(焦げやすいから注意)

酒粕チャパティー
チャパティー
香りよし、味よしの変わりチャパティー。サラダをはさんだりカレーと合わせてもgood!酒粕を味噌粕漬けの床にかえてもおいしいです。塩味は加減してね。

地粉(国産小麦粉)または薄力粉200g、白米の酒粕40g、塩小さじ1弱、水170cc〜



1、 酒粕を水で溶かしておく。
2、 全ての材料を合わせ、よくこねる。
3、 30分以上寝かせて、フライパンで両面焼く。
※半日くらい寝かせると、発酵してふっくら「ナン」みたい!
仕切り


1、 粉をはたいた板に、10〜20gくらいに丸めた生地をのせ、麺棒で均一に平らにのばす。
2、 熱したフライパンで片面焼き、直火の網の上にひっくり返してのせて焼く。
※ふきんにくるんで、重ねて保存すると、ふっくら感&あったかさ長持ちです。
チャパティー焼き1
中弱火で。表面が乾いた感じになったら
チャパティー焼き2
ひっくり返して直火の網の上へ。プーっとふくれたら、大成功!
ちょっとおいしい甘酒
甘酒
丸1日おくと、泡がプクプクとたってきます。これが微生物!この働きを活発にすることで味に深みも出て体にもいい飲み物になります。(泡が出ない場合もありますが、長く置かずにお使いください)

白米の酒粕、水、砂糖各適量、塩少々、


1、 鍋に酒粕、水を合わせ丸1日置く。
2、 火を入れ砂糖と塩で甘味をつける。
3、 あればしょうがの絞り汁を2〜3滴入れる。
※ あまり煮立てないほうが風味が出ます。必ずしも丸1日置く必要はありません。
気分を変えてデザート作り!
甘酒寒天
ミネラルや食物繊維がいっぱいの寒天で作る冷たいデザート
甘酒くずプリン
水で溶いたくず粉を甘酒と合わせて火にかける。良く練って型に流す。米飴としょうがのシロップをかけても!
甘酒しるこ
濃いめに作った甘酒に白玉・さつまいもなどを入れて。体がポカポカあったまるデザート。
酒粕ともちあわのチーズフォンデュ
(体を芯から温める酵母鍋)

もちあわ1/2カップ、白米の酒粕100g、菜種油大さじ2、塩小さじ2、水・ワイン合わせて1カップ
豆乳1/2カップ、にんにく少々、コショウ少々、ナツメグ少々、大根・人参・ブロッコリー・厚揚げ・パン


1、酒粕と菜種油と塩小さじ1を合わせ、オーブン150℃で15分焦がさないように焼く。
2、もちあわは洗って、2.5倍の水でとろっと炊く。
3、野菜などは一口サイズに切り火をとおす。
4、残りの塩小さじ1と水、1を鍋に入れひと煮立ちさせる。
5、2の鍋に4を少しずつ入れて溶き合わせ火にかける。
6、5に豆乳を入れ、すりおろしたにんにく、コショウ、ナツメグ少々を入れ味を整える。
7、野菜やパンなどをつけて食べる。

*パスタやグラタン、ピザのソースにしても。
酒粕ナゲット
(キヌアの歯ごたえと酒粕の風味が絶妙)


キヌア1カップ、塩小さじ1、白米の酒粕100g、にんにく1片、オリーブ油大さじ1、地粉30g
揚げ油適量


1、にんにくはみじん切りにする。
2、鍋にオリーブ油とにんにくを入れて火にかける。いい香りがしてきたら、キヌアを入れて軽く炒り、1.8倍の水、塩小さじ1/4、酒粕を入れる。火を調節しながら、水がひたひたになるまでかき混ぜてふたをし、弱火にして、15分ほど炊く。
3、炊き上がった2に塩を入れ味をつけ、地粉を入れさっくりと混ぜてまとめる。
4、30gほどに握り、180℃の油でキツネ色になるまで揚げる

*野菜やハーブ、スパイスを入れてもおいしい。

酒粕粉チーズフォンデュ
根菜粕汁酒粕クラムチャウダー味噌粕漬け
酒粕トースト酒粕クラッカー酒粕チャパティー甘酒デザート
酒粕ともちあわのチーズフォンデュ酒粕ナゲット


トップページへ

Copyright(C)2001-2016 TERADA HONKE CO.,LTD. All rights reserved