ご利用中のブラウザ(Internet Explorer)は当ホームページではサポートされていません。
大変恐れ入りますが、下記推奨のブラウザをご利用ください。
Google Chrome
Mozilla Firefox
Microsoft Edge

ニュース&トピックス

トップページ > ニュース&トピックス > みんなの田んぼ -令和3年 小満の候-

2021.05.21

みんなの田んぼ -令和3年 小満の候-

今回は、5月21日までの米作りの様子をお届けします。

開墾中の田んぼの草を刈りと田起こしをしました。

田起こしでは、田植えの前に土を掘り起こし細かく砕きます。

刈った草などを鋤き込むことで、ミミズや微生物たちが分解して養分にしてくれます。

はじめは耕作放棄地で荒れ放題でしたが、徐々に棚田らしくなってきました。

 

こちらは、別の自家田の荒代かきの様子です。

自家田にはまだ昨年の稲株が残っています。

水を張った田んぼの土をロータリーで細かく砕いていきます。

すっかり、稲株がなくなりました。田植えの準備が着実に進んでいます。

※小満とは、5月21日から6月4日ごろのこと。草木が茂って天地に満ち始めるという意味があります。